投資関連

積雪地帯へ建設予定の方へ。業者頼りの太陽光投資にご注意を!

積雪地帯に太陽光を検討している方へ、積雪地帯の太陽光の現状をお伝えします。

金額の大きい投資ですので、しっかりと雪の影響も考え投資を行いましょう。

 

雪の積もった太陽光発電
f:id:northpapa:20181124181958j:plain

 

雪の多いエリアに設置する場合、除雪などが必要になる場合や地面と雪が繋がってしまい最悪の場合倒壊に繋がります。

しかし、余程の豪雪地帯(積雪量150cm以上)でないとほとんど無いのが実情です。

業者によっては雪害の不安を煽って高額なメンテナンス料を取る場合もありますので注意してください。

最悪倒壊した場合、適切な管理をしていたと判断された場合は保険も適用となります。

ただし、完全に放置をしていた場合は管理不足として保険が下りない場合もありますので、定期的なメンテナンスは行った方が無難です。

 

それでは具体的に

 

●積雪地帯での雪対策

①積雪地域の中でも雪の少ないエリアに建てる(積雪量60cm~100cm以下程度)

*120cmを超える地域だと必ずではありませんが、気温等の状況によってはパネルと繋がる場合があります。

↓北海道に設置する方は要チェック!

垂直積雪量 | 建設部住宅局建築指導課

 

②架台を高くする。

大体、積雪地域に事務所がある業者から購入すると、積雪対策で地面からパネルまでの高さが1.8m~2mくらいで設計されます。

これは雪対策だけではなく、雑草対策でも効果を発揮しますので、場所によっては年中雑草対策も雪害対策も何もしなくても大丈夫になります。

この場合、ほぼ完全なる不労所得化となります。

 

 

ここからが注意点です。

③業者のメンテナンスパックなどで除雪、除草を任せる。

これは北海道の業者でもいくつかの会社が行っているのですが、実はこれ結構危ないです。

なぜなら、20年間以上もその業者やメンテナンスを外注している会社が持つ保証がないからです。

 

特に豪雪地帯(120~150cm以上など)で建てて、会社が潰れてしまった場合、メンテナンスがあるから、基本何もしなくて良いと思っていたとしても、潰れた場合はその後全ての雪対策は自分で行わなければなりません。

 

豪雪地帯では降り方次第ではパネルと繋がり、倒壊の危険と尚且つ発電がゼロになり収支がシミュレーションを大幅に下回ることになります。

 

除雪を自分でやる場合は、もちろん手では出来ませんので、除雪機を購入・レンタルし何時間もかけて行います。費用も時間もかかります。

仮に業者に任せる場合、1回あたり数万程度かかります。

 

自宅近くで雪の少ないエリアに設置していた場合は何とかなると思いますが、自宅から数時間かかるエリアで豪雪地帯の場合はかなり悲惨なことになる可能性が非常に高くなります。

 

 

●対策

①会社が倒産した場合でも自分で管理できるエリアで買う。

②そもそも雪の少ないエリアに建てる。

③倒産しにくいと思われる業者から買う。(例えば社歴が長いや収益の柱が太陽光以外にもあり太陽光に依存していないなど)

皆さんご存知の通り、太陽光業者はここ数年倒産件数が増大しています。

www.tsr-net.co.jp

 

太陽光発電は非常に長いスパンでの事業となりますので、安易に買うのではなく業者選びは慎重に行いましょう!

ABOUT ME
ぱぱてん
北海道札幌市在住の30代痔持ち子持ちバツイチサラリーマン兼起業家のぱぱてんです。 先日痔の切除手術をして、経過状況を日々ブログに綴っています。 基本的には痔持ちの方々のためのブログですが、僕はサラリーマンとして企業に勤めながら、法人2社の経営と個人事業主としても事業を行い、その他FXを中心とした投資などなどしておりますので、資金運用等についても記事にしていきたいと思います。 その他、ブログ収益、ダイエット・筋トレ・薄毛対策・レーシック・婚活等々人体実験的に色々試していますので、少しでも皆様の為になる事があれば記事にしていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です