健康関連

いぼ痔の方は必見!|ジオン注射療法(ALTA療法)リアル体験記

プロローグ

30代のある日・・・・・。

長年の悩みである相棒(いぼ痔)とのお別れをする為

いよいよジオン注射療法(=アルタ療法)を行う事を決断しました。

診察を行った後、とにかく早くお別れしたい事もあり即入院を決断。

この時は既におしりから脱出しない快適な生活を想像しワクワクしておりました。

あの時までは・・・・。

前回行った痔の診察から約2週間後。

予定通り金曜日に有給を取り、入院の準備万端。

実際入院の前日までは通常通りの生活となりますので日常生活に支障をきたすことは全くありません。

その点は心配いりません!

ジオン注射療法は日帰り~一泊程度の入院が必要となります。

 

術後初日

 

●木曜日(手術前日)

手術前日は夜の9時までは特に普段と変わりなく過ごす事ができます。

21:00~ご飯と水分を一切抜き下剤を飲む。

その後はそのまま普段通り寝ます。

 

●金曜日(手術当日)

9:00へ病院に行く、受付を行いしばらく待つと入院担当の看護師さんが迎えに来る。

病室に案内してもらい、病院服へ着替え、前日ご飯を食べていないか、排便は出たか、体温、血圧など色々確認。

その時は11:00~12:00くらいに手術との予定ですと伝えられ、それまでに点滴を行いますとの事。

準備をするとの事でしばらく病室で待機・・・・・・。

30分くらい待ち、20代前半の若い感じの看護師さんが来る。

点滴しますね~っと、肘を曲げても大丈夫なように右腕の手と肘の中間あたりの内側の血管かに針を挿入。

点滴の針を刺そうとしたのですが・・・血管が見つからない・・・。

ややしばらく腕をさすりさすり、ペシペシ叩くも看護師さん困惑。

僕は元々血管があまり出ない体質で更に少し筋肉質なので、血管が筋肉の下に隠れてしまうようでした。

 

*注射位置*手首と肘の中間あたりに点滴の針を入れます。

 

f:id:jinopapa:20190407093104p:plain

今までこの位置に注射や点滴をしたこともなく、血管が出にくいとは感じておらず

この時点で何度もさされるのではないかと冷や汗がでてきました。

案の定まずは勘でブスっ!

 

いてっ! (; ・`д・´)

 

看護師さん:あーーーだめでした~。もう一回行きますね。

ブスっ!

 

いででっ! (; ・`д・´)

 

看護師さん:んーーーー。血管が出やすいように腕を温めますね。

と温かくした布を腕に巻く。

しばらく放置され、看護師さんが再び参上したが、

あれ?

違う看護師さんになってる・・・。

先ほどの看護師さんはギブアップし別の看護師さんに任せた模様。

次の看護師さんも同じようにベシベシはたいたりして血管を浮き出すようにしたが

やはり血管がわからない模様・・・。

またも不安に駆られながら3回目のトライ!

ブスっ!・・・ぐりぐり。

ぐりぐりぐり・・・無いなーと看護師さん。

 

いでっ!いでででっ! 

ぐりぐりやめてーーーー(; ・`д・´)

 

3回目も空しく失敗。

この時点で点滴しないで手術できないのか聞くが、前日から水分も取っていない為点滴は必須との事。

辞める事はあきらめ、この後なんと6回も失敗・・・。

腕に注射跡が増え続けていたその時!!!!

たしか4人か5人目にものすごいベテラン感漂う看護師さんが降臨。

痔ぱぱさん腕見せてくださいねーっと腕をさすりさすり。

んーーーー、血管ありますね!

キターーーーーーーーーーーー( ;∀;)

全然大丈夫ですよーっとすぐさまプスっ。

痛みもほとんどなく無事開通。

やっと点滴が通った・・・。

これほど点滴に苦戦するとは思ってもおらずこの時点で疲労困憊ぎみ。

その後、直腸付近の便をすべて出す為、座薬タイプの下剤をお尻に挿入。

15分くらいで便意を催しドバドバっと便が出る。

その後、手術まではしばらくベットの上で待機。

手術前に便が出たか、体調などについて看護師さんから確認を受ける。

この日は前の手術が遅れたようで13時からの手術となりました。

やる事もなく手術までベットの上でごろごろ、腕は動かせるのでPC持ち込みで仕事などして過ごしました。

その間、食べ物はもちろんですが飲み物も一切摂取できません。

そしていよいよ手術の時間が迫ってきました。

手術開始~終了までの流れ

手術当日の13:00頃

いよいよ手術の時間が迫ってきた時看護師さんが病室へきてぱぱてんさん 安定剤 飲みますか?っと聞いてきました。

・精神安定剤とは

不安障害などによる不安やイライラを軽減・解消するための薬剤の事です。

 

安定剤というものを過去に飲んだ事もないので、飲んだ方がいいですかね?と聞いたら、気持ちが落ち着くので手術に対する不安が強い方などは飲んだ方が良いとのこと。

特に不安は無かったのですが、点滴で疲労困憊になっていた為、念の為飲むことにしました。

精神状態が通常だったせいか、飲んだあと気持ちの落ち着きは特に感じませんでしたが、軽い眠気が来ました。

その後、手術担当の看護師の方も来て、手術の内容などの説明を受けます。

そしていよいよ手術の時間。

手術室への移動は徒歩ではなく、ベットからカートのようなものへ変え、寝たままゴロゴローっとカートのまま移動しました。

手術室に着いたタイミングで医師と手術担当の看護師さん達にバトンタッチ。

 

いよいよ手術開始!!! (; ・`д・´)

 

まずは手術台への移動をしますが麻酔などもない為、自力で手術台へ移動。

患者が安心出来るように、手術中に好きな曲をかけれるようで、何かけますか?と聞かれましたが特に必要なかったので遠慮しました。

その後麻酔が始まります。

麻酔は脊髄麻酔です。

腰あたりに注射を刺すので、横向きになり背中をグッと丸めた体勢になります。

体育座りのまま横に寝るイメージでしょうか。

注射の前に皮膚麻酔を行うのですが、冷やっとする液体をかけられます。

吹きかけた後、効くまで多少時間がかかるようで、何度か皮膚の感覚を確かめられます。

効いた事を確かめた後、いよいよ本命の脊髄注射が始まります。

その時、看護師からめちゃめちゃ痛いですから覚悟した下さいと・・・・・・。

そんでもって、麻酔後頭を動かしすぎると、麻酔が上半身に流れて1-2ヶ月頭痛になったりすると。

えーーーー、それ今言う!?( ゚Д゚)!

心構え出来てないよ!!!

そんな僕の気持ちも虚しく、ブス!っと腰に注射が刺されました。

ん?あれ?

全然痛くないぞ。

少しピリピリとする程度。例えるなら爪で皮膚を引っ掻いてピリピリと軽い痛みがする程度。

なんなら逆にちょっと気持ちいいくらいな痛み。

看護師の事前の煽りが効いたのか、物凄い痛さを想像してたので、麻酔は問題なく終了。

脊髄注射は先に皮膚麻酔をするのでそれほど強い痛みはありません。

注射が苦手という方も背中側で見えないので恐怖感はほとんどありません!

 

麻酔が効くまでしばらく看護師さんと雑談。

患部をツンツン触られ、麻酔の効きを確認。

いよいよ

本チャンの手術スタートぉぉぉぉ!!!

体勢はうつ伏せになり、お尻を突き出す感じになります。

手術台に寝るイメージ図

 

手術がスタートし患部を見た医師がボソッと、結構ひどいな・・・と。

一抹の不安を感じながら、されるがままに注射をされます。

手術中は麻酔が効いてるので痛みは全く、患部を見れるわけではないので、特に何もする事がありませんでした。

途中追加!追加!という医師の声が聞こえたので若干不安に・・・。

途中ウトウトしてしまったので正確な時間がわかりませんでしたが、聞いたところ30分くらいで終わったのようです。

ぱぱてんさん終わりましたよーっと。

特に何もトラブルは起こらず無事終了。

手術台からカートへ移動するのですが、下半身麻酔の為、移動が難しく手伝ってもらいながらカートへ移動しました。

入院担当の看護師さんにバトンタッチし、先ほどの病室へ戻る。

カートからベットへの移動は看護師さん5人がかりで手伝ってもらいました。

麻酔は約4時間ほどで切れる為それまではベットから一切動かないでと念押しされ、仰向けのまま暫く安静にしていました。

仰向け、横向きなど体勢は楽な向きで大丈夫との事。

手術終了後水分摂取が出来るようになり、食事はこの日の夕方から出るので、絶食はこの時点で終了です。

唯一点滴が辛かったですが、麻酔も手術自体の痛みもなく、こんな楽にいぼ痔が治るなら早くやれば良かったと心から思いました(*´∀`)♪

 

無事手術終了!

無事手術も終わりベットで安静にしていました。

徐々に麻酔が切れてきて、医師からは麻酔が切れたら痛みが出てくるかもしれないと言われていましたが、麻酔が切れてきても特に痛みはなく約4時間過ぎた頃看護師の方が来て歩行テストを行いました。

麻酔も順調に切れて歩行テストは問題なく終わりました。

念のため今日はトイレと洗面台までの距離しか歩いちゃダメとの事。

その後完全に麻酔が切れても痛みは全然なく、注入タイプの軟膏と痛み止めを飲んでその日は特に問題もなく就寝できました。

 

翌朝(手術2日目)

痛みは前日同様全く無く、普通に椅子に座ることもできました。

本当に凄い楽の手術だったなぁと思っていました。

便を柔らかくする為、術後酸化マグネシウムを飲んでいたせいか朝一で便意をもよおしました。

医師からは翌日から脱出しなくなると思うと伝えられており、朝一のうんちを凄く楽しみにしていました(´∀`*)✨ウッキウキ

トイレに向かい・・・

ぷりぷり・・・

少し肛門付近がきつい感じがするが、特にいつもと変わりなくうんちができました。

にょきっ(・∀・)Hello

ん・・・?

あれ・・・?

あうっ・・・・・・・・・(;´д`)

 

相棒がまだお尻に住んでるぞーーー!!!(;’∀’)ノビシッ

 

医師の話だと翌日には脱出しなくなるって言ってたのにおかしいやないかー!

っと思いながらとりあえず手で相棒を住まいに返しベットで医師を待つ。

10時になり医師の診察開始。

 

ぱぱてん
ぱぱてん
手術ありがとうございました!
医師
医師
お疲れさまでした。今日は排便はありましたか?
ぱぱてん
ぱぱてん
ありましたが術前と同じく脱出しました!
医師
医師
えっ・・・!? まだでますか?? おかしいなー・・・

今朝の脱出の話をすると、いきなり医師の顔が曇る。

医師
医師
と、とりあえず様子を見ましょう!

 

えーーーマジっすか・・・。まさかの失敗???

 

と思いつつどうしようもないので、診察が終わってその日の11時頃に退院準備を始めました。

次の診察は1週間後、その後2週間後の計2回の予定。

清算書を事務の方が持ってくるとの事で病室で片づけをしながら待っていました。

その後会計をしに窓口へ。正確な金額を忘れましたが確か50,000から60,000位だったはずです。

僕は1日入院しただけで100,000円が出る生命保険に入っていたため、実際にはプラスになりました( ´∀`)ラッキー✨

最近の保険は入院1日で10日分を出すというのが当たり前にありますので手術前には保険に入る事をオススメします!

 

酸化マグネシウムや軟膏、痛み止めを貰い、そのまま乗ってきた車でそのまま自宅へ帰りました。

念の為、事前にドーナツクッションを買っていたのでお尻対策はバッチリ!!!

これであれば、入院しなくても日帰り手術で十分可能な感じがしますね。

退院した日も痛みなどは無く、一応安静にはしていましたが安静にする必要もなかったかもしれません。

酸化マグネシウムや軟膏などを塗りその日は就寝しました。

 

 

翌々日(手術3日目)

手術3日目

朝一ドキドキの脱糞。

 

ぷりぷり・・・にょきっ(・∀・)Hello

 

うぉぉぉぉい!!!

 

まだいるやないかーーーー!!!

 

なんということでしょう。

相棒は私のお尻にまだに住んでいるではありませんか・・・。

3日目の肛門の感じは手術前とほとんど変わらない状況でした。

手術前のいぼ痔の辛さが100とした場合、手術後は98位になったようなイメージでした。

ほんのちょっと気持ち程度良くなったレベルです・・・。

あくまでほんのちょっとです。

その後も特に良くなることもなく、排便時に脱出→指で戻すを繰り返し、更に薬も手術前と同じように多用し全然良くなりませんでした。

逆に肛門が少し締まった感じがあり排便のしにくさがありました。

そして、術前とほとんど変わらず。そのまま1週間後の診察へ。

 

 

 手術後1週間の診察

術後1週間がたち術後初めての診察。

いつも通り受付を済まし、待合室で待機。

 

医師
医師
患部の状況はどうですか?
ぱぱてん
ぱぱてん
まったく良くなっていません!

 

診察室に呼ばれ、軽く患部の状況を聞かれた後、カメラを肛門に刺し内部の写真を撮影。

印刷された写真を手術前のものと見比べると、ほんの少し赤みは減少したレベルで見た目の大きさなどはほとんど変わりませんでした。

ここで初めて思ってた以上に患部が大きかったと話があり、手術中の結構ひどいなと言うのはこの事だったらしい。

 

医師
医師
今回は規定の最大量入れたんですが・・・実は何パーセントとは言えないが効果が無い人もいるんですよね。
ぱぱてん
ぱぱてん
マジかい!効果ない事あるのかーー。その何%に入ってしまったとは_:(´ཀ`」 ∠):最初に言ってもらえたら心構え出来たのに・・・。

 

あんな辛い点滴をしたのに、まさかの失敗というのはかなりショックでした・・・。

医師からは最大2週間かけて患部が小さくなることもあるとのことで、最後の希望をかけて再度2週間後の診察に向かう事になりました。

 

 

 手術後3週間目の診察

 

術後3週間が経ちとりあえず術後最後の診察。

3週間経ちましたが残念ながら相棒はお尻からいなくなりませんでした・・・。

 

医師
医師
患部の状況はどうですか?
ぱぱてん
ぱぱてん
術前と変わらず脱出します・・・

すると医師から

 

医師
医師
今回は手術の効果がなかったようです・・・

まじかよーーー!!!(;’∀’)

術後1週間後の診察から症状は全く変わらないどころか、逆に術後の方が相棒が出やすくなって、ボラギノールの量が凄く増えてしまいました・・・。

1日に2個から3個を使わないと脱出がひどくなる状況もあり、薬代が結構ひどい状況になっていました。

ご存知の通りお尻の薬は実はかなりお金がかかっています。

ボラギノールは大体1個100円くらいなので1日3個300円×30日=9000円也!

 

その後約4ヶ月ほどだましだまし相棒と付き合い続けましたが、症状がさらに悪化し日常生活でも支障が出ており、いよいよ最終手段の切除を考えだし始めました。

 

 

結論:手術失敗!

 

 

痔のジオン注射手術体験記はこちら。

いぼ痔の方は必見!|ジオン注射療法(ALTA療法)リアル体験記プロローグ 30代のある日・・・・・。 長年の悩みである相棒(いぼ痔)とのお別れをする為 いよいよジオン注射療法(=アルタ...

痔の切除手術体験記はこちら。

いぼ痔の方必見!|切除手術リアル体験記プロローグ いよいよいぼ痔の最終手段切除手術編。 20代全般に発症した時から生活改善、ボラギノール、ヘモリンド、ジオン注射療法と...

 

 

症状が軽い方は、ぱぱてんも飲んでるヘモリンドがオススメ!

まだ脱出し始めて間もない人や排便後の脱出も自然に戻るような方は薬で治る可能性が高いので、手術の前に一度飲み薬で症状が良くなるか試してみましょう!

ぱぱてん愛用!恐らく日本で一番安い!?ツルハPB座薬!

ボラギノールと比べると薬用成分は変わりませんが30個あたり1000円以上安いので、痔持ちで毎日使う方には非常にオススメです。

毎日使うと馬鹿にならない額になるのでなるべくお得な商品を探しましょう!

ABOUT ME
ぱぱてん
北海道札幌市在住の30代痔持ち子持ちバツイチサラリーマン兼起業家のぱぱてんです。 先日痔の切除手術をして、経過状況を日々ブログに綴っています。 基本的には痔持ちの方々のためのブログですが、僕はサラリーマンとして企業に勤めながら、法人2社の経営と個人事業主としても事業を行い、その他FXを中心とした投資などなどしておりますので、資金運用等についても記事にしていきたいと思います。 その他、ブログ収益、ダイエット・筋トレ・薄毛対策・レーシック・婚活等々人体実験的に色々試していますので、少しでも皆様の為になる事があれば記事にしていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です